せどりとは?転売とは?物販とは?

せどりとは?転売とは?物販とは?

 

せどりという言葉を調べると(Wikipedia引用)

 

『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。となるらしい。

 

そうなんです。掘り出し物(宝物)を探す労力を、お金に換える立派な商売なのです。

 

せどりとは?転売とは?物販とは?

 

次に転売と言う言葉。(デジタル大辞典引用)

 

買い取った物を、さらに他に売り渡すこと。またうり。

 

転売という言葉に悪いイメージがないですか?こんなことをイメージしてないですか?

 

・違法であるチケット転売
「チケット転売規制法」
(正式名称は、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」

 

・店の商品の買い占めて転売
スターバックスの福袋の買い占めは、ニュースになってましたね。

 

・新型コロナウイルス、マスク高額転売
正直、コメントしようがありません。

 

僕たちは悪い転売をしてはいけません。僕たちがすべきことはせどりです。
宝を探して、求めている方に購入して頂くということです。
これは絶対におさえておいて下さいね。

 

 

最後に物販。(実用日本語表現辞典引用)
実際の形として存在するような商品や製品を販売すること、物を販売すること、を意味する表現。

 

メーカー仕入れ販売、問屋仕入れ販売、せどり、全ての商品販売が含まれます。

どこで販売するの?

仕入れた商品をどこで売るか?
これはネットショップ、しかもAmazonしかないですね。

せどりとは?転売とは?物販とは?

 何故Amazonで販売すべきかというと、

  • 圧倒的な販売力
  • 楽天やYahooショッピングのように店舗ページ、商品ページを作り込まなくていい。
  • 商品の保管から注文処理、配送、返品に関するカスタマーサービスまで、Amazonが代行(FBA)
  • 商品毎で過去の販売情報が確認できる。(モノレート)

 

副業って、時間に制約がありますよね。
Amazon販売は他モールに比べ、作業がとっても簡単。これを利用しない手は無いですね。

 

せどりとは?転売とは?物販とは?

 

デメリットもお伝えしておきます。

  • 価格競争になりやすい。(一つの商品ページに各出品者が相乗りするため)
  • 販売できない商品がある。(製造メーカーの販売許可証明が必要。)
  • アカウントが停止・閉鎖されることがある。

 

どんなモールにも長所があれば、短所もあります。
しかし、時間があまり無い方、面倒な作業をしたくない方、最初から稼ぎたい方にはAmazonでの販売をお勧めします。

 

最後にAmazonで販売での一連の流れを見て下さい。

1.Amazonのアカウント登録(大口出品は月額4900円) 

 

2.仕入れ候補商品の過去の販売実績、価格推移をモレートで確認。

 

3.仕入候補商品が利益が発生するか、FBA料金シミュレーターで確認。

 

4.モノレート、FBA料金シュミレーターを仕入れ判断材料にして商品を購入。

 

5.仕入れた商品をアマゾンサイトに商品登録。

 

6.一定量の商品が貯まれば、フルフィルメントセンター(Amazon倉庫)に送付。

 

7.FBA到着後、48時間以内に商品ページに掲載され、販売が開始される。

 

8.ライバルの動向を確認して、価格調整。

 

9.商品が購入される。

 

10.フルフィルメントセンターが梱包して、お客様に送付。