店舗せどりとは?

店舗せどりとは?

 

せどりの中で最も悩むのが仕入れではないでしょうか?
大きくは街のお店で仕入れる店舗仕入れ、ネットのショップなどで仕入れる電脳ショップに分かれます。
ここでは店舗仕入れについてお伝えします。最近は電脳せどりがはやりですが、数年前までは店舗せどりが主流でした。ライバルが減ってきているので、大きなチャンスがありますね。
僕も最初は店舗せどりから始めました。宝探しをしてているようで、とっても楽しいですよ。しかも、店舗せどりはとっても簡単です。やり方さえ間違わなければ、すぐに利益を出すことができます。

 

 

仕入れした店舗

家電量販店 Joshin、EDION、ヤマダ電機、ケーズデンキ
ショッピングセンター(スーパー) イオン、イズミヤ、ライフ、アピタ、西友、イトーヨーカドー、コストコ、平和堂
ホームセンター コーナン、CAINZ、DCMダイキ
その他 トイザらス、GEO、バースデイ、ドン・キホーテ、良品買館、ホビーオフ

 

僕が仕入れたことのある店舗を一覧にしてみました。そう、どこの店舗でも仕入れができます。是非、参考にしてみて下さいね。また、どんなものも仕入れることができます。おもちゃ、ホビー、電気製品、ホーム&キッチン用品、本、コスメ etc。。。

 

バーコード、JANコードとは?

せどりでは、バーコード、JANコードの意味を知っておく必要があります。

 

バーコードは、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子。数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い一次元のコードに変換し、レジスターなどの機械が読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしている。
一般的な商品で使われるものは、日本がJANコード、ヨーロッパがEAN、北米がUPCである。(Wikipedia引用)

 

いわゆる全ての商品に印刷されている、これです。これでそれぞれの商品を識別しています。

店舗せどりとは?

 

バーコードを読み取るのがスマホのカメラか、バーコードリーダーになります。

 

 

仕入れツール

店舗仕入れでは仕入れツール(スマホアプリ)が必要になります。商品のJANコードをスマホカメラか、バーコードリーダーで読み取ります。
読み取ったJANコードを解析し、仕入対象商品かどうかを判断するアプリです。
見込み利益が一瞬でわかり、1ボタンでアマゾン商品ページ、モノレート、FBA料金シュミレーターサイトへ移ることができます。
有料版、無料版がありますが、これを入手しておかないと店舗せどりはできません。もちろん、スマートフォンも必需品ですね。

 

お勧めアプリはせどりすとです。

 

店舗せどりとは?

 

せどりすとはiPhone専用アプリで、残念ながらAndroidには対応していません。「せどりすと」、「せどりすとPro」、「せどりすとプレミアム」の3グレードに分かれています。

せどりすと

無料版
広告が掲載される。エラーが多く、動作も遅いため使いものにならない。

せどりすとPro

2820円でダウンロード
広告は掲載されない。エラー数、動作の遅さも、せどりすとより若干改善。

せどりすとプレミアム

月額5,500円(初月のみ11,000円)
エラーも少なく、動作もかなり速く、ストレス無く仕入れができる。

 

店舗せどりで稼ぐなら、せどりすとプレミアムしかないと思っています。ただ、月額で5,500円(年間で66,000円)掛ってきます。
ただ、稼げるようになると、月額5,500円が安く感じます。費用対効果は大きいですね。いつでも解約できるので、是非試してほしいです。

 

せどりすとのAndroid版にせどろいどがあります。
(僕は使用したことが無いので、コメントできません。ゴメンナサイ!)

 

 

 

バーコードリーダー(ビーム)

商品のバーコードを読み取るには、スマホのカメラバーコードリーダーが必要になります。商品の検索スピードを圧倒的に上げるにはバーコードリーダー、いわゆるビームしかありません。
スマホのカメラでも読み取れますが、とっても遅くなります。しかも、大きいスマホを商品に近づけて、カメラ撮影しているかの様子は、ちょっと異様ですね。
せどりで使うバーコードリーダー(ビーム)は店員さんが持っているような大きなものではありません。

店舗せどりとは?

僕が使っていてお勧めなのがKOAMTAC社のKDC200です。
60mm×35mm×14mmと小さく、手のひらサイズです。
(現在の最新バージョンはKDC200iMですね。)

 

店舗せどりとは?


他社品(ユニテックジャパン製のMSシリーズ等)に比べ、読み込みに優れ(多少遠い距離であっても検索可能)、ビームの線が細く目立ちにくいといった利点があります。
(データはBluetoothでスマホ(仕入れツール)に送ります。)

 

 

店舗せどりのコツ!

店舗せどりで一番大事なのは、数多くの商品を検索するということです。
初心者の方ほど検索数が少なく、稼げる人ほど検索数が多いのです。

 

僕が仕入れツールでせどりすとプレミアム、ビームでKDC200シリーズを薦めるのは1個でも多くの商品を検索するためです。

 

多くの商品を検索することで、商品知識も増えてきます。商品知識が深まれば、リスト化して下さい。とにかく検索しまくること。これしかありません。