FBA納品はヤマト便が最強?

FBA納品はヤマト便が最強?

 

仕入れ商品をFBA(Amazon倉庫)に納品するのに、どの宅配業者を使うかですね?
ネットショッピングによる荷物量の急激な増加、人手不足等から輸送品の値上げが相次いでます。正確な情報を得て、宅配業者を選ぶ必要があります。

 

Amazonが定めている輸送箱のサイズは50cm × 60cm × 50cm以下です。

 

このサイズで主要3社の宅配価格を比較してみましょう!(奈良県⇒小田原FC)

宅急便(ヤマト運輸) 2,180円(通常)、1,851円(クロネコメンバー割BIG利用)
ゆうパック(日本郵便) 2,180円(通常)
飛脚宅配便(佐川急便) 2,178円(通常)

 

通常価格はほとんど同じですね。しかし、ヤマト運輸には割引きサービスがあります。
クロネコメンバー割は、ヤマト運輸でのみチャージ・利用できるオリジナル電子マネーですね。
FBA納品はヤマト便が最強?
1回あたりのチャージ金額が50,000円って、ちょっと厳しいですね。

 

 

複数輸送箱を送付する場合は、ヤマト運輸のヤマト便が最強です。

 

FBA納品はヤマト便が最強?

 

ヤマト便のサービス概要です。

  • お荷物1個当たりの重さの制限は、30Kgまで
  • お荷物1個当たりの大きさの制限は、お荷物の3辺合計が200cmまで
  • お届け日数は、全国翌々日配達(宅急便のお届け日数+1日)

 

ヤマト便の料金は、お荷物の「総重量」とお届け先の「エリア」により決まります。
総重量は、実重量と容積換算重量と比較して重い方を採用。

 

容積換算重量(kg)= 縦(メートル)×横(メートル)×高さ(メートル)×280

 

次に100cmサイズの荷物を、複数個送ったときの運賃を比較してみましょう!
FBA納品はヤマト便が最強?

 

ヤマト便は荷物個数が増えれば、1個当たりの運賃が安くなるのがわかります。5個送ったときは、全部で2,982円、1個あたり597円です。
これってすごくないですか?僕は段ボールを2個以上にして、ヤマト便で送るようにしています。

 

 

気を付けなければならないのは保険ですね。ヤマト便は、運送保険への加入は任意となります。加入料は補償金額1万円につき10円(最低50円)となります。
ちなみに、通常宅急便は1個につき税込30万円まで補償されます。