子供をやる気にさせて集中力を上げる方法

子供をやる気にさせて集中力を上げる方法

 

中学受験の勉強で大事なことって何でしょうか?

 

やっぱり、本人のやる気ですよね。
親がイライラして注意しても、子供のモチベーションはなかなか上がりません。やる気が無いと、集中力も上がりません。集中力が無いと、成績も上がりません。

 

結局、中学受験って、やる気、モチベーション、そして集中力との闘いなんじゃないでしょうか。集中力を身に付けた子供は、人間として、一歩成長することもできるしょう。

 

トモの長男は椅子に座っていても、なかなか勉強が始まりません。
やっと始まったかと思ったら、ずーと鼻くそをほじくっています。(情けない!)

 

今まで、色々な対策を打ってきました。その効果をお伝えしますね。

 

 

子供をやる気にさせて集中力を上げる方法

小さい成功をほめる。

子供は、小さなことでもほめられると、自信を持ちますね。
その自信が、やる気につながります。そして、そのやる気をほめます。また、次のやる気につながります。子供には、自信を持たせてあげたいですね。

 

成績が上がったときはもちろん、できなかったことが、できるようになった時、人間的な成長があった時等、小さい成功をほめてあげましょう

 

難しい問題を克服する。

子供を見てると、さっきまで集中していたのに、急にやる気をなくしていることがないですか?
簡単な問題を解いていたときから、難しい問題に移ったときもそうですね。
子供は内容が難しいと、急にやる気を無くします。こういった時は、親の出番です。

 

難しい問題から逃げていたら、成績も上がらないし、人間としても成長できません。一緒に問題を解いて、難しい問題を、簡単な問題に変えてあげて下さい。
そうすれば、やる気と集中力は上がります。

 

志望校に見学に行く。

これは効果がありますね。
志望校の施設が魅力的だったりすると、子供のモチベーションは上がります。
実際に通っている、お兄さん、お姉さんが格好良く見えますね。

 

オープンスクール、体験授業、文化祭、体育祭、学校説明会等、志望校を見に行く機会はたくさんあります。

 

テストで○○点取ったら、○○を買ってあげる。

これも、長男にはよく使います。少し、いやらしい方法ですが、親は必死です。(笑)
あまり、目標が高すぎると、効果がありません。子供がイメージできるくらいの目標を設定してあげて下さい。
テストで○○点取ったら、遊ばしてあげる、テレビを見せてあげる、ゲームをさせてあげるといった内容も同じですね。

 

とにかく怒る。

短期的には効果があります。最近は、妻が怒っても効果が少なくなっています、僕が怒ったが方が効きます。
正確にいうと、怒られたくないから勉強してるだけです。いや、勉強しているふりをしてるだけです。本人の本質的なモチベーションは上がっていません

 

この怒るという行為、時には必要かもしれませんが、常態化すると逆効果になるでしょう。

 

何故、中学受験をするのか話し合う。

中学受験は、とっても困難で、苦しい道です。
何故、そういった受験にチャレンジするのか、徹底的に子供と話し合う必要があります。
トモの長男は、将来医者になりたい。そのため中学受験して、良い中学校に行きたいと自ら言ってきました。こういう状況は、目的が明らかなので、わかりやすいですね。
「あの中学校の制服が可愛いから。」といった、些細な理由でも良いでしょう。受験をする意味を、子供に理解させてあげて下さい。
また、中学受験をすれば、人間として成長できるということも語ってあげましょう。

 

 

 

色々と書きましたが、ありとあらゆる方法で、やる気を出させてあげて下さい。

 

時には、イライラして厳しい言葉を掛けることもあるでしょう。
それでも、子供を応援してあげて下さい。厳しい戦いに立ち向かっている子供を助けてあげて下さい。

 

次の記事 中学受験 失敗しない家庭教師選び