塾の先生から電話が。。。

塾の先生から電話が。。。

 

塾の先生から、妻に電話が掛かってきました。
次の公開試験で結果が悪かったら、下のクラスに落とすと。

 

覚悟はしてましたが、ついに来たかという感じです。
ずっと、悪い成績が続いてましたからね。

 

小学校5年生の長男は、
「下のクラスに行くのは格好悪いから、落ちたら塾辞める!」
と言い出しました。塾をやめると言ったのは、今回が始めてです。

 

今までは、「やる気がないんだったら、塾やめたら?」と言っても
「絶対イヤ!」って言っていたのに。

 

公開試験まで必死に頑張ってみたらと言ってみたものの、本人のヤル気は上がりません

 

 

先生は、授業中ボーッとしていることが多いとおっしゃていました。

 

長男に聞いてみると、
「授業で先生が言ってることが理解できないことが多い。」とのこと。

 

なるほど、これは下のクラスで、じっくりとやり直した方がいい!

 

それに、下のクラスに落ちても、塾を辞めさすつもりはありません。
これで辞めたら、何にでも逃げる人間になってしまいます。

 

 

どっちにしろ、運命の公開試験は日曜日です。

 

 

一方、次男ですが、体験講習を受けたことで、先生と妻との面談がありました。
今後のため、公開試験(二か月に一回)を受けたらどうか、と言われたそうです。

 

次男はヤル気満々です。自分は、すごいと勘違いしているようです。(笑)

 

それと、春期講習だけでなく、一年間週一で体験講習を実施しているそうです。これは客集めの意味合いが大きいですね。2年生ですから。
残念ながら、次男は学校の都合で参加できそうにありません。