中学受験 失敗しない志望校選び

中学受験 失敗しない志望校選び

 

行きたい私立中学校があるから、中学受験をするというのはわかりやすいですね。
中学受験をすることは決めたけど、志望校は決まっていない。
もしくは、志望校が何校もあって決めきれないという場合は、選択に悩みますね。

 

もちろん、お子さんの意思を尊重してあげなければなりませんが、親として正しい選択に導いてあげないとダメですよね。
私学に通うことで得られるメリットは、たくさんあります。
まずは、家族でよく話し合うことが大切ですね。

 

ここでは、志望校を決めるポイントをお伝えします。

 

 

志望校選択のポイント

建学の精神の基づいた教育理念

創立から今日まで受け継がれてきた教育理念があります。
のびのびと生活できる学校。宗教を元に、人間教育をしてくれる学校。
それぞれの学校毎に異なります。
そういった理念が、お子さんに合っているか判断する必要があります。

 

学習カリキュラムは?

独自に編成されたカリキュラムが採用されています。
6年間を見通して、中学と高校の学習内容を精選した効率的な内容となります。

 

大学進学率は?

「中学校-高校-大学」の中高大一貫校であれば関係ないですね。
中高一貫校であれば、大学の進学率はとっても気になります。大学への進学実績は確認しておいて下さい。

 

通学時間はどれくらい?

いくら良い学校でも通学時間が長いと大変ですよね。
私立学校だと、電車、バスで通っている人も多いでしょう。
もちろん、寮を常設している学校もあります。寮生活は、お子さんの意思を確認して決めたいですね。

 

男子校、女子校、共学校か?

これも、お子さんの意思を尊重したいですね。
ただ、どちらに向いてるか助言して上げたいですね。

 

設備や施設は?

食堂、体育館、プール、運動場等です。
最近では、ラウンジやフリースペースなど生徒同士が交流できる空間を設けている学校も増えています。

 

どんな部活動があるの?

子供の好きな部活動が、志望校ににあるかどうかです。
また、進学校だと、部活動が制限されることもあります。そういった事も調べておきたいですね。

 

授業料はどれくらい?

授業料も学校によって異なります。また、入学試験代、入学金、寄付金等も必要ですね。子供のためにと、無理をしがちです。きっちり、資金が確保できるか考えておきましょう。

 

学校見学、体験授業はできるの?

気になる学校は、実際に足を運んで見学して下さい。
8月頃には、オープンスクール、体験授業が開かれます。9〜10月には、文化祭、体育祭見学。11月頃には学校説明会・学校見学会。1月頃には入試問題対策説明会があます。
訪問するチャンスが多いですね。

 

正式な日程は、各学校のホームページを確認して下さい。

 

実際の学校を見ることで、お子さんのやる気も大きくなるでしょう!

 

偏差値

最終的には、お子さんの実力(偏差値)で志望校を選択する必要があります。

 

 

 

中学受験は、とっても大変です。この受験戦争に立ち向かえば、お子さんは人間として成長することでしょう。更に、志望校に合格すれば最高です。
ただ、合格した後、「こんなはずではなかった!」と思うような学校では、本末転倒です。
そのため、志望校の情報収集は欠かすことができません。
これは親の役目でもあります。

 

次の記事 中学受験 失敗しない塾選び