中学受験と「家庭教師のトライ」

中学受験と「家庭教師のトライ」

 

 

家庭教師センター(家庭教師派遣会社)の選択って、とても重要になります。
今日は、「家庭教師のトライ」について記載します。

 

「家庭教師のトライ」とは?

社長は、タレントの二谷友里恵さんですね。
1987年に創業して、会員数は120万人を超えています。

 

「人は、人が教える。人は、人が育てる。」という理念を掲げています。
マンツーマンの効果を高めるために研究し続けてきたオリジナルの学習法、トライ式学習法で導いてくれるそうです。

 

また、プロレスラーのジャガー横田さんの息子さんが、TV番組「スッキリ」で、中学受験に挑戦する姿を見せてました。
そのとき、「家庭教師のトライ」のプロ家庭教師、教育プランナーがマンツーマンで指導しました。

 

まあ、この業界で最大手と言ったところでしょうか。

 

「家庭教師のトライ」教育プランナーとの面談

教育プランナーさんはとっても熱心な方でしたね。1時間程、お話しして下さいました。

 

最初に、志望校を確認されました。
かなり厳しくなりましたが、西大和学園星光学園と伝えました。
(僕と息子はあきらめてません。)

 

能開センター公開模試の結果を見ながら、頑張れば大丈夫とおっしゃって頂きました。
(この段階で、無理ですって言う人はいないですね。)

 

「西大和学園はほとんど算数で決まる。特に計算力が大事。」

 

とアドバイスを頂きました。

 

 

テストの答案用紙(学校、塾)チェックし、上面だけの理解で解答していることを指摘されてました。

 

 

僕も感じていたことなので、

 

「家庭教師の先生には深く考えて理解する力を養って頂きたい。」

 

とお願いしました。

 

 

家庭教師との先生との相性を合わすため、長男に質問します。
学校や塾で好きな先生は?

 

 

長男「ギャグを言う先生!」

 

僕 「。。。。。」

 

 

とにかく男の先生が良いみたいです。

 

塾との併用にするか、家庭教師1本にするかも相談しました。

 

塾との併用なら、週1回(120分)で、塾のフォロー。
塾を辞めて、家庭教師だけなら、週2回以上が理想。
教科書はトライ出版の本か、先生が選んだ参考書で進めるとのことです。

 

どちらを選択すべきかという助言は頂けませんでした。

 

 

月謝は、社会人講師が51,200円、学生講師が41,600円(週1回、120分/回)。
他にプロコースがあるが、中学受験ではそこまで必要ないとのことでした。

 

4月はキャンペーンがあり、入学金無料(通常10,000円)、最初2回の授業が無料だそうです。

 

印象は良かったんですが、値段が高いかなという感じですね。
どちらにせよ、来週の学研、サクシードと面談してから決定です。

 

【長男 小学校5年、次男 小学校2年 4月19日】

 

 

次の記事 能開センター 中学受験公開模試4月