KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

Amazon(アマゾン)で商品を仕入れ、Amazon(アマゾン)で販売することを刈り取りと言います。
刈り取りのメリット、デメリットをお伝えして、このせどり手法を紹介します。

 

メリットですが、

  • 電脳仕入れの中では利益率が高い
  • プライム会員なら商品が翌日に届く
  • プライム商品なら返品返金が可能。(1ヶ月以内)

 

デメリットは、

  • とても新品とは思えない状態の商品が届くことがある。

 

 

 

Amazon(アマゾン)コンディションガイドライン

2017年に、Amazon(アマゾン)コンディションガイドラインの「新品」として出品できない商品項目で、

 

・Amazon.co.jp上で仕入れられた商品

 

が追加されました。そう、刈り取りが禁止されたのです。
幸いにも、今は規約が改定され、この項目が削除されています。

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

現状、刈り取りは解禁されています。
ただ、この規約は再び変更される可能性があるので、現状ガイドラインは頻繁に確認しておきましょう。
Amazon コンディションガイドライン

 

 

Keepaの導入

Google Chromeのインストール

刈り取りは、Google Chromeの拡張機能Keepaを使用します。  
最初は、Google Chromeをインストールします。Chromeをダウンロード

 

Keepaのインストール

次にChromeにKeepaを導入します。
・Chrome画面、右上のボタン(1)⇒ブックマーク(2)⇒ブックマークバーを表示(3)をクリック

 

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

 

 

・次に画面左上のアプリをクリック。

 

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

・そしてウェブストアをクリック
KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

 

・左上の検索窓でKeepaを検索。
KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り
注)Googleアカウントにログインしておく必要があります。(画面右上)

 

 

Chromeに追加をクリック

 

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

 

 

・通知表示の拡張機能を追加をクリック

 

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

 

Amazonの商品ページです。赤枠がKeepaの表示です。
KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

Keepaの設定

Keepaの拡大図です。
オレンジ線がAmazon自社出品、青線が新品、黒線が中古の価格推移となります。
赤枠1のログイン/アカウントの登録をクリック

 

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを記入して、アカウント登録
KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

Keepaグラフの赤枠2の商品のトラッキングをクリック

 

 

赤枠1、2、3は、メールで連絡してほしい価格をインプットします。
KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り
赤枠1はAmazon自己出品、赤枠2は新品、赤枠3は中古。
このメールで連絡してほしい価格は、過去の値動きを見て設定します。
目安は現状価格の60%〜70%です。
最後に赤枠4のトラッキング開始をクリック。

 

これで、設定した価格以下の商品が出品されたら、メール連絡されます。
この商品を刈り取ります。
たくさんの商品数を登録できるかが鍵です。
登録数が増える程、仕入れ量が多くなります。

 

 

刈り取り方法

次は刈り取りの方法です。

  • 最安値の出品者と、次に安い出品者の価格差が大きいときに、最安値商品を刈り取り。
  • 相場から掛け離れた複数出品者の商品をまとめて刈り取り。

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

赤丸のように、出品価格が急に下がったときが狙い目です。

 

 

  • Amazon(アマゾン)自社出品の在庫復活

KeepaでAmazon(アマゾン)刈り取り

 

ピンク色で塗らている部分が、Amazon(アマゾン)が自社出品している期間です。
オレンジ線と連動します。)
他の白い部分が、Amazo(アマゾン)nの在庫切れ期間です。
赤枠のように、Amazon(アマゾン)が在庫復活しています。
その後、商品価格が急騰しているのがわかります。
こういった在庫復活を狙います。

 

 

Keepa一部機能有料化

2019年に、Keepaの一部の機能が、有料化されました。
主な有料化機能はランキンググラフです。そう、モノレートのようなグラフですね。
ただ、刈り取りにこの機能は不要です。有料版の購入は不要ですね。

 

ちなみに有料化料金ですが、月額15ユーロとなります。

 

次の記事 Amazon(アマゾン)商品を安く買う方法